真鍋島の漁火で二泊!生きたエビとタコを踊り食い!

スポンサードリンク

ついに真鍋島に到着!

前回を見てない人はこちら。

岡山県笠岡にある真鍋島へ!フェリーでのアクセスと駐車場について
岡山県の笠岡に浮かぶ真鍋島に、芸能人もお忍びで泊まりに来るという民宿“漁火”に行ってきました!

船を降りて漁火がすぐ見えたので行こうとしたら、漁火のお母さんが出てきて、泊まる宿まで案内してくれました。

民宿 漁火ってカッコイイ名前!

一軒家で、1日1組限定の貸切だから、何も気にしなくていいから嬉しい。

入ると外風呂がお出迎え!

地下水を汲み上げていて、塩分が3~5%ぐらい含まれているようで、肌にも良いとのこと。

おー!いいねー!

外から見えそうな気もしたけど、見えないから大丈夫。

意外と最新な温度システム!

ありとあらゆる虫除けや殺虫剤が揃ってて、安心より恐怖を感じるっていうw

いざ、お部屋へと思ったら、芸能人の写真がお出迎え!

なんて言うのか分からないけど、新しい畳みたいなのが最高!

大きな冷蔵庫にテーブル!

おばちゃんがお茶入れてるから飲んでと入れてくれてます。

こんな心遣いが嬉しい。

レンジもあるし、トースターにポット。

皿やコップ、フライパンに包丁など、普通に良い意味で家!

タオル類も完備!

お風呂もかなり綺麗だし、自分家より断然、最新版!

聞くと、本当はここに住もうとしてたんだそうです。

2階もあり、2つのスペース!

エアコンも至るところについてるし、すごい!

最大10名泊まれるというのも納得。

2階から見るとこんな感じ。

このハンモックは飾りだから乗っちゃダメですw

あと、ちゃんちゃんこがたくさんあります。

確かに、4月末で暖かくなってきたけど、朝晩は少し冷えたから、冬とか寒い季節は結構すごいのかも。

それとトイレが2つ!

どちらもウォシュレット付きで、綺麗です!

ウォシュレットは、ありがたい。

夕飯は17時から、漁師料理漁火へ!

大将が、このいけすから魚を持っていき捌くスタイル!

まず、一番最初に出てきたのが、漁火名物と言ってもいいかもしれない、エビ!

目が合ってる気がするw

生きてるから当たり前だけど、めちゃくちゃ活きがよく、ピチピチ跳ねます!

元気が良すぎて、桶から飛び出しちゃう!

こんな感じ!

お母さんが、最初お手本に、ペキっと首を取って剥いてくれました!

命をいただくとは、こういうことなんだよな。

途中からは慣れてきて、自分で剥けるようになり、最後には殻がついて生きてる状態で踊り食いしてみました!

ちょっと殻がバリバリして、剥いた方が美味しかったです。

タコも生きたままぶつ切りされて出てきて、ウネウネ動いてるー!

動画撮りました!

吸盤がすごくて、まず箸で持とうとしても剥がれない!

エビの天ぷら!

やっぱ、天ぷら最強で、殻まで美味しく食べられるので好きでした。

かなり大きいエビの塩焼き!

贅沢だー。

ワタリガニ!

お母さんが基本、分解してくれます。

蟹味噌と卵が濃厚で、元気が出そう!

これでバキバキ折って食べるんだけど、エビとカニを剥くのに手を酷使したせいか、深爪した時のように指が痛むw

鯛!

さわら、あいなめ、フグ、貝の刺身!

もう魚介の贅が止まりません。

2人前とはとても思えない量で、嬉しいけど、このあたりでお腹がいっぱいになってくるw

タケノコとフグの天ぷら!

タケノコとか春を感じられて嬉しかった〜。

なんと蒸し牡蠣まで登場!

こんな身の詰まった牡蠣、お店で食べたら結構な値段するぞ!

食事は1人5000円だけど、10000円ぐらいの満足度。

さわらとタコの煮付け。

ここで、お母さんに食べれないから部屋に持って帰るとお願いしました。

もし、宿泊してなかったら、絶対に食べきれなかっただろうな。

最後に魚の出汁たっぷりの味噌汁が出てきたんだけど、間違いなく自分の人生の中で、一番美味しい味噌汁!

食べれなかったものと、明日の朝食のおむすびを握ってもらい、帰宅。

もう、このころには完全に自分の家って感覚になってます。

これを明日の朝までには食べれないぞ

・・・

よし、明日も宿泊しよう!ということで、二泊目を決断!

お母さんに聞くと大丈夫とのことで、食事無し1人5000円で二泊目へ。

二日目は、残り物とJAで買い出し!

島には、コンビニとかないので、食料品が貴重!

普段買ってる値段より、ちょっと高いです。

もう一軒、お店があります。

おばちゃんがされてて、島は空き家ばっかになってしまったことなど色々、貴重なお話を聞かせてもらいました。

おばちゃんのところで買ったチャーハンの素、賞味期限切れてる〜(笑)

賞味期限が切れそうなのは、息子たちに送ってるって言ってたけど、ハズレを引いたみたい。

普通に地元のスーパーで買ったら、言うところだけど、船で1時間もかかる大変さと、おばちゃんの人柄を思い出すと、とても言えない。

作って食べたけど、美味しかったから、全然OK!

他にも、色々買って、

残り物と買ってきたもので、十分食べれました!

急遽、2泊3日になったけど、かなりゆっくり島を堪能することができました。

できることなら、1週間いたいくらい!

帰る日、森脇健児さんの取材が来るとお母さんから聞き、フェリーの時間もあり、難しいかなと思ったけど、思ったより早く来られてて遠目からチラッとだけ見られました。

この写真には、写ってるのはスタッフさん。

漁火のエビを、パンチ出しながら食べてる森脇さんの姿を思い浮かべながら、船に乗り込みました。

真鍋島は、のどかで良いところだし、漁火は最高でした!

ぜひ、みなさんも行ってみてください!

猫ちゃんを見たい人はこちら

岡山県の猫島こと真鍋島!ネコちゃんの写真撮ってきました
岡山県と香川県の間に浮かぶ、真鍋島! 犬か猫かでいうと、ネコ派な自分! 前に猫島として有名な男木島に行き、猫が全然いなくてガッカ...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする