わにとかげぎすの原作の感想!孤独は、、、怖い

スポンサードリンク

主人公の富岡は、俺だった。

見ようとした動機

7月から、くりぃむしちゅーの有田と本田翼でドラマ化されるというのを聞く。

タイトルのわにとかげぎすってのは、漫画喫茶に行ったときに何度か目にしてたので、ドラマ化をきっかけに読んでみました!

あらすじ

32歳、深夜のスーパーで警備員をする富岡ゆうじ

嫌なことを避けるように生きてきて、初めて気付いた“孤独”

孤独と向き合おうと立ち上がったその時、「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という不気味な手紙が届く。

手紙をキッカケに、人生が大きく動き出す。

主人公がダメ男なんだけど、好きになっちゃう


深夜の誰もいなくなったスーパーに1人。

遊んでるように見えるけど、これは勤務中ですw

ふざけてんのか!って怒りたくなる人もいるでしょうが、この富岡って男はとにかくお人好しで、どこか憎めない。


友達が欲しいと流れ星に願ったためなのか、こんなとんでもないおっさんと出会ってしまう。

読んでもらったら分かるのですが、このおっさんがとにかく“クズ”

このおっさんの命が危険になったとき、普通の人ならまず無視するようなシーンがあるんだけど、そこで助けるという選択をする富岡

俺なら、ぜーーーったいに助けないw

人を疑う能力が低めな富岡だけど、そこが彼の魅力なんだろうね。

運命の人とはこういうこと


羽田さんというこんな可愛い子が、富岡のことが大好きになるという奇跡!

どんなにブサイクだったり、どうしようもないやつでも、運命の人ってのが1人はいるものだな。

笑いと恐怖と恋愛のバランスが最高

行け!稲中卓球部(1) (ヤングマガジンコミックス)
この漫画を書いてる作者は、稲中卓球部を書いてる人。

稲中卓球部が面白いって、友達に渡されてパラパラっと読んだことがあるけど、ワキガが臭いって騒いだりとか、全然卓球漫画じゃないし、くだらないギャグ漫画だなと思った記憶があるから、わにとかげぎすを読む前はちょっと怖かったんだけど、面白くて安心しました。

笑いだけだったら、稲中みたいな印象を持ったかもしれないけど、わにとかげぎすの魅力は“恐怖”にあると思う。

見えない相手からの脅迫状。

命を本気で狙う闇社会の人。

人生になんの希望も持ってない狂気の引きこもり。

愛する人と一緒になっても、今後どうしていけばいいのか。

ハッピーエンドで、万々歳!みたいなストーリーは嫌いなんだけど、これはいろんな恐怖がスパイスとなってて、楽しめました。

この本から学んだこと

富岡ゆうじは、漫画の世界にいる人物だけど、どこか現実にもいるんじゃないかと思えるくらいリアルで、人の人生を覗いた気分。

富岡を見てると、自分にしか見えない。

嫌なことから逃げてきたし、友達もゼロと言ってもいいレベルだし、仕事をしてない時点で富岡以下。

やべーな(笑)

孤独が怖いというのは、実体験として日々感じてるから、そんな中で、もし自分を愛してくれるような人がいたら、全力で大切にしていかないといけないなと感じました。

この本をオススメしたい人

リア充と呼ばれてる人が読んでも、何も響かないと思う。

この本をオススメできるのは、ニート、無職、愛を求めてる孤独な人かな。

自分には、バチっと刺さりました!

全4巻と長くなく、サクッと読めるのも魅力です!

採点:8.5(10点満点)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする