特定疾患医療受給者証 更新手続きについての記録

スポンサードリンク

どうもー、TuUUです。

なんか県から来てるなと思ったら、

特定疾患医療受給者証の更新だ!

自分は、難病と言われてる

潰瘍性大腸炎って病気持ち。

もし、更新の審査に落ちようもんなら、

医療費控除が受けられなくなって、

命の薬“アサコール”が買えんくなるぞ。

なんとしても無事更新せねば!

申請期間

まずは、申請期間をチェック。

書類の提出期限は、

平成29年9月1日まで

まだ余裕はあるけど、

この間、3ヶ月分の薬もらったばかりなのに。

もう少し早く書類が届いてほしかったわー。

提出先

これは見てる人の

地域によって違うだろうけど、

基本的には最寄りの保健センターとか

保健所になると思う。

市役所とか区役所に

隣接してるところが多いかな。

必要書類

・特定医療費(指定難病)支給認定申請書

・臨床調査個人票(更新)

・健康保険証のコピー

・住民票の写し(世帯全員分)

・世帯の所得を確認するための書類

(平成29年市町村民税課税証明書)

基本的に必要な書類はこれかな。

これは書かないといけないんだろうけど、

間違えちゃいかんから、

役所に行ったときに聞きながら書こっ。

これを難病指定医に

書いてもらわないといかん。

お金かかるんかな?

これだけのために

病院に行くのめんどくさーい。

追記

病院行って、先生に

臨床調査個人票を渡してきた。

これは、次の日に電話かかってきて、

書けました連絡が来た。

これは問題無いんだけど、

今、気がかりなのが、軽症高額該当

申請する月以前の1年間で医療費が、

10割負担で33,330円を超える月が

3回以上あること。

領収書を見たら、2回はあったんだけど、

去年の分は確定申告で提出して手元に無い。

やばいと役所に確認したら、

コピーでもいいとのこと。

病院で、領収書のコピーをもらおうとしたら

ひと月分出すごとに500円いるんだって。

それは高いということで、

特に医療費がかかってる月だけ発行してもらう。

ちなみに薬局の領収書は、

普通にタダで全部出してくれた。

何が違うねん!

最初にもらった領収書の

完全なコピーではないから、

提出してみてどうなのか?

追記(7月7日)

臨床調査個人票を受け取って来た。

先生が名前とか色々書いてくれてる。

全大腸炎型と、

炎症起こしてる範囲は広いけど、

やっぱ軽症だった。

体調が良いのは嬉しいけど、

軽症って書かれると、

更新できないかもって不安になる。

ちょいちょーい!!

この書類、4000円しました!

紙一枚で、それは高いわー。

しかもこれで申請通らんでも、

返金してくれないんでしょー。

結果は12月上旬って、

それまでずーっとストレスがかかって

余計、病状が悪化するわ(怒)

難病って基本治らない病気なんだから、

更新も5年に1回ぐらいでいいだろうよ。

追記(7月19日)

書類を持って、役所へ。

更新をお願いしたんだけど、病院で再発行してもらった領収書の明細書が必要と言われ、途中までしか手続きができなかった。

その日に病院に行って、明細書を発行してもらった。

前回、領収書もらうのに一枚500円って言われたのに、明細書はお金かからなかったという謎。

追記(7月28日)

明細書を役所に提出!

これで、いちお更新の手続きは終了。

あとは、結果が12月ごろに届くとのこと。

受験結果を待つ学生みたいな気分だなw

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする