無職(ブロガー?)でも家を借りられるのかやってみた記録

スポンサードリンク

どもー、TuUUです!

いよいよ明日、不動産の賃貸物件を内見してきます。

ネットで少し稼いではいるからブロガーとかアフィリエイターの分類に入るのかもだけど、世間一般の人から見たら、ただの無職。

無職の俺が家を借りられるかって話なんだけど、借りれるならできるだけ良い物件に住みたいし、あとでトラブルとかに巻き込まれたくないから事前にできることを書き出してみる。

希望条件

・家賃35000円前後

・初期費用をなるべく安く(できれば10万円以下)

・防音性が高い(鉄筋コンクリート、一軒家)

・インターネット回線(光)が引ける

聞くこと

・入居時、退去時の費用

・空室の期間と前の人がどのぐらい住んでたのか?退去理由

・クレームは出てるかとその内容

・近隣住民の情報

・ペット可かどうか(飼うつもりなくても)

・事故物件じゃないか

・大家は誰、どこにいる

・保証会社は必須か

・エアコンとか普通に使ってて、すぐ故障とかなったら?(家財保険?)

・インターネット接続(光回線)

・家賃初期費用の交渉

・都市ガスかプロパンか

・駐車場、駐輪場の有無

見るところ

いろんなところの写メを撮る

・壁を確認(叩いて響かないか)

・コンセントの位置、数、光コンセント

・テレビのチューナー

・ネット光ファイバーの位置

・鍵の取り替えは済んでるのか

・ゴミ置場

・周りの入居者(洗濯物とか)

・水の出かた、エアコン、コンロ使えるか

・隣の家が空いてるなら音のチェック

・ドア、扉の開け閉め

・携帯の電波状況

・窓の方角

・窓のサッシ 湿気

・トイレの水位、トイレタンクのカビ

・エアコンの型番と年式を写メ

・床の傾き

・火災報知器の有無

これらをメモ帳に書いて内見に臨みたいと思う。

あと、証拠を残しとく為にも契約前に、大事なことを質問してメールで返信をもらっておいた方がいいなと思ったから、やってみる。

7月26日、内見

物件を2件見させてもらう。

最初に、職業とか書くとき、焦ったけど、正直に話をして職業欄は「ネット関係」と書くことになった。

1軒目は壁に耳をあてると隣の部屋の音が聞こえたからダメ。

2軒目は、壁は片方は完璧のコンクリ、もう片方は少し質は落ちる感じだったけど、1軒目に比べたら断然よかった。

床が少しギシギシ言うところがあったけど、それは大丈夫と言うからまあ良しでしょう。

なんといっても初期費用が奇跡的に安い物件だった。

とりあえず、保証会社の審査を通るかやってみて、話はそこからだな。

追記(7月30日)

審査が通ったとメールで返信がきた。

あとは保証人の印鑑証明と自分の印鑑を持っていくだけ。

印鑑証明って代理でもらえるのかな?

追記(何日か忘れた)

区役所に行き、保証人の印鑑証明もらってきた。

印鑑登録カードを持っていったら代理でも普通に発行してもらえた。

そして、不動産屋で重要説明とかいって説明を受ける。

追記

その後、無事借りることができました。

結論、保証人がいたからなんとか借りれた。

早く、堂々とできるようにしたい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする